[最強ディープインパクトよ、永遠に。]

私は競馬ブロガーです。

競馬は超奇跡的な偶然とJ様を忖度した、モロ擁護的発言をしつつも結果というのは決まっとると言ってきました。

しかしこのお馬さんはね。

このお馬さんだけは走りが違って見えました。

3〜4角の走り、直線はスイスイ飛んでるようにみえました。

まさかですね。

この時がこんなに早く来るとは。。

 

JRAホームページでは、ニュース欄と公式Facebookにて発表されました。

平成の怪物

ディープインパクトの死亡記事。

 

日本競馬史上6頭目のクラシック三冠馬。

日本調教馬として初めて芝部門、長距離部門で世界ランキング1位。

種牡馬としては、2012年から現在まで日本のリーディングサイヤー。

 

ディープインパクト

父サンデーサイレンス

母ウインドインハーヘア

 

馬主 金子ホールディングス

生産 ノーザンファーム

主戦騎手 武豊

厩舎 池江泰郎

 

[生涯成績]

14戦12勝

中央(13戦12勝)

フランス(1戦0勝)

 

[タイトル]

JRA年度代表馬(2005、2006)

最優秀3歳牡馬

最優秀4歳以上牡馬

JRA顕彰馬

 

[G1タイトル]

皐月賞2005

日本ダービー2005

菊花賞2005

ジャパンC2006

天皇賞春2006

宝塚記念2006

有馬記念2006

 

どのレースを観ても、競馬のどの視点からみても、どの記録を見ても、ディープインパクトは日本の競馬界において間違いなくスーパーホースでありました。

競走馬として最強。

種牡馬としても最強。

これから先もずっと名前が残っていくでしょうね。

 

今週、土曜日と日曜日の各競馬場のメインレースについて。

[ディープインパクト追悼競走]の副題をつけて実施されます。

 

8月3日土曜日

第11レース 札幌日経オープンL

第11レース 越後ステークス

第11レース 九州スポーツ杯

 

8月4日日曜日

第11レース UHB賞

第11レース レパードステークス G3

第11レース 農林水産省典小倉記念G3

 

献花台も用意されるそうです。

私も是非とも行っててを合わせてきたいと思います。

 

今週はやはりディープインパクト産駒、馬主、池江厩舎、もっというとブラックタイド産駒まで、サイン馬券となる可能性があります。

馬券的には探しやすいですからね。

助かるんですけど、全部そこだけ探してもダメですから傾向を読みながら小倉記念とレパードステークスに繋げていくといいですね。

 

ジェンティルドンナ、キズナ。

G1馬となった子供達はあげたらキリがないが、これからも子供達、その子供達その後のディープインパクトの活躍に期待したい。

 

ディープインパクトよ永遠に。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す